ひなママの妊活

絨毛膜下血腫によつ大量出血により、緊急入院!引越しを機に無理やり退院し、自宅安静に切り替えたものの、何度も繰り返す大量出血!無くならない絨毛膜下血腫!

赤ちゃん

二人目不妊治療の体験談-2020年10月~目次~

2020年10月1日-10w4d また大量出血 病院受け入れてくれない

受け入れてくれない病院

●9/28 引越しのために一時退院

●9/29 大阪から四国へ引越し

●9/30 役所を車椅子で回る

●10/1 今日夕方、また大量出血

今しがた、大量出血しました。

大阪での緊急入院とほぼ同じか気持ち少ないくらいですが、大量です。

一瞬でドバッと出るのでナプキンでは追いつかずに既にパンツとズボン二枚替えてます。

出血してすぐに紹介先の総合病院に電話しました。

が、やはり、案の定、コロナでダメ。

初診も10/14予約が最速で、出血や下腹部痛があれば電話するようにとのことだったのですが、時間外なんで…今日はもう…見れません。

と。

いやいや、明らかにコロナだからだろって。

時間外受け付けない産科がどこにあんねん!!

田舎のコロナへの恐怖心は凄まじく、何がなんでも二週間待機を押しつけてきました。

日赤ですよ?

それでいいの?

不信感しかない。

ただ、近くの総合病院はここしかなく選択肢がありませんでした。

とりあえず、今は安静でいることしか出来ないので、入院したとしても寝てるしかないんですよって。

分かっとるわ!!

入院させたくないのね、大阪から来た私を。

はいはい。

でも普通の時間内じゃないほうが診察はいいんじゃないんですか?

人少ないほうが。

もうコロナコロナで嫌々がはっきりと分かる対応に命がかかってるのに、と腹立たしい。

その間もお尻に伝わる血の感触。

出血量を伝えても変わらず、明日の朝の状況を確認して、明日、診察できるかどうかだそう。

これでなんかあったら訴えます。当然。

電話中、横になってましたが、ナプキン越えて大量出血。

この一気に出る感じは2週間前の、あの時と同じ。

出血始めのあの腰の砕ける痛さ。

あれも同じでした。

ただ、2週間前と違って、大量は大量ですが、鮮血ではなく、どす黒くて、ナプキンに染み込むと濃い茶色。

血腫の血溜まりが酸化して黒くなって出てくると思うと、大阪で退院するときに言われました。

それだと信じて、赤ちゃんが無事であることだけを信じて涙しながらパンツとズボンを洗いました。

9/28に退院し、2週間弱会っていなかった2歳の息子。

目の前にして私は号泣。

子供はびっくりしたような、寂しかったのが吹き出してきたような、何とも言えない感情なんでしょうね。

目にいっぱい涙を溜めて、でも泣きじゃくったりせず、そのまま隠れてチラ見。

ポロポロと涙が頬を伝いながら、一言、「ママ。」

もうこんな可哀想なこと、2度としたくない、この子のそばにいてあげたい、申し訳なさで胸が締め付けられて泣くしかありませんでした。

突然の入院と、旦那の単身赴任で、いきなり遠方のじいじが面倒見てくれましたが、泣いて困らせたりもせず、本当にお利口でした。

保育園の友達に、ママは?と聞かれても、お仕事!と答えていたそうです。

2歳なりに理解しようとしていました。

全てがめちゃくちゃになった9月。

引越しですぐのまたの大量出血。

赤ちゃんの様子も分からない。

なるべく自宅安静で、と思いつつも、やはり動いてしまう。

息子がママ!とくっついてきてくれるから。

あんな泣かせ方、させたくないから。

ジジババに甘えさせてもらって、なるべく横になってましたが、それでもダメでした。

出血に気づいたときも、子供と昼寝をしているところで、そうっと抜けてトイレやら電話をしていたのですが、起きた息子はママーと泣いてました。

いつもなら昼寝から覚めても平然としてますが、家も今までと違う。

ジジババがいつもいる。

ママはいるけど、様子がいつもと違う。

お外に連れてってくれない。

パパはいない。

言葉には出さないけど、不安でいっぱいなんでしょう。

私が抱っこできないので、ばあばに昼寝部屋へ行ってもらうと、ママがいいー!とまた大粒の涙を流しながら出てきました。

また私がいなくなったと思ったんでしょう。

2歳の心に深く刻まれた寂しさが、痛く伝わって、私も涙。

子供にも辛い思いをさせ、実の両親にも迷惑をかけ…

でも赤ちゃんを産みたい気持ちは変わらない。

板挟み状態です。

2020年10月2日-10w5d 受診とキツイ女医

キツイ女医

結局、大量出血だったので、朝一で病院に電話して、なんとか受診できました。

ですが、まぁ、待たされる待たされる。

気持ち悪くなり、吐きそうにもなりながら、1時間半近く待ってようやく診察。

確かに予約外ですが、緊急性は考慮されないのはどこも同じですね…

私と同じくらいか、もっと若い女医さんでした。

入って出血量を話して、下腹部痛や腰の砕ける傷みを話しましたが、オブラートに包むことなく、

女医さんは…

「結果はね、出血しようがしまいが、動いてようが、安静にしてようが、決まってるの。」

「染色体異常があれば流産するし、なければ出血しても産めるから!」

とのこと。

あんまり先生の口から、流産とか聞きたくない。

「あと、赤ちゃんも3センチくらいになってるから、流れたら相当の痛みもあるし、塊が出るから分かるよ。」

「もしそうなったら、ラップで包んで持ってきてね。」

とか、すらすら平気で話すので、こっちは気持ちのいいものではありませんでした。

診察ではとりあえず赤ちゃんの心配確認ができ、一安心しました。

血腫はあれだけの量が出たのに大きさは変わらずで、これからもこんな生活が続くと思うと、辛いです。

大阪では、血腫は消えないかもと言われましたが、この女医さんに聞くと、これもあっさり、

「消えるよ。出産するまであるとかないから。吸収されるから無くなるよ。」

と。

そう言われると嬉しいけど、なんか不信感…。

ただ、出血すれば、そこにまた溜まるし、その繰返しになるのは間違いないらしいです。

こんな出産と痛みを繰り返してたらメンタルもちません。

「あと、大量出血とかなら受診してもいいけど、さほどの出血なら、安静にしておいてもらって、受診しなくてもいいから」、と念押しされました。

入院はもともと上の子が可哀想で、私も避けたかったので、入院に関しても女医さんは否定的だったので、理由がコロナで私が病原菌扱いされてるのが見え見えでしたが、そこはよしとしました。

この病院、綺麗ですが、先生に難ありで…ちょっと次回から違う先生を指名して行こうかなと思います。

次の受診が2週間後なので、それまで何事もなく過ごせたら嬉しいです…。

2020年10月17日-12w6d 3度めの大量出血

不安

約2週間ぶりの投稿ですが、また、大量出血です。

前回のどす黒い大量出血で、なんとか無事を確認して、より一層、寝たきりを意識して生活してました。

上の子はまだ2歳なので、可哀想ですが、お昼寝のときだけママが病院から帰ってくるという想定で、

私は普段は2階で寝ています。

トイレとお風呂くらいしか動いてません。

これもジジババが子供を見てくれているから出来ることで、旦那が単身赴任の中、頼れる存在があって私は両親に頭が上がりません。

家事もできない、昼寝の相手しかできない。

何にもできない私。

ただ何もできないでは両親にも顔向けできないので、引き続き、資格勉強は頑張ってます!

上の子は、毎日お昼寝の時間になると、ママおかえりー!と言ってとても嬉しそうにしてくれます。

今日はどこで遊んだとか、何を食べたとか話してくれます!

それに、一日一回でも会えるだけで、気持ち的にも落ち着くようです。

前は入院でホントにずっと会えていなかったので、少しでもママと一緒の時間を、と思いました。

そんなほぼ動かない生活にまた切り替えたにも関わらず、昨日、また血腫からの大量出血。

酸化したどす黒い大量出血で、いつもと同じ様に止まりません。

一気に生理2日目以上の出血で、頻繁に夜用ナプキンを変えました。

そしてお決まりの腰が砕ける痛み。

横になっても量が多すぎて、流れるのでビニール袋の上。

月の半分はナプキン使用です。

はぁ。マタニティの何がいいって、ナプキンしないでいいことなのに…

生理より頻繁に使用している私。

ただ、昨日は丁度検診もあったので、心拍は確認できていて、その後の出血だったのと、3度目なので、怖いですが、大丈夫だという認識もありました。

ダメなときは激痛と塊が出るかどうか。

勿論、腰の痛みと下腹部痛もかなりありましたが、前回と同じでした。

さらに、12wを超えているので、家でもエンジェルサウンドで心拍が聞けるので、慌てて受診していません。

今朝も出血と腰痛は弱まり、心拍も朝昼ともに問題なく確認できました。

女医さんの言う通り、出血は血腫がある以上、吸収されるか出てしまうか。

鮮血でない場合は出ても問題ないし、受診するより安静に。とのこと。

まだ次の検診まで1ヶ月ありますが、エンジェルサウンドで日々管理していきます!

血腫と大量出血とはなかなか縁が切れなさそうです…。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 子育てブログへ