ひなママの妊活

無事に凍結胚を得られたが、コロナウィルスによる不妊治療の延期推奨!移植できるのか!?

赤ちゃん

二人目不妊治療の体験談-2020年4月~目次~

2020年4月1日-コロナウィルスと不妊治療の延期について

カレンダー

日本生殖医学会が4/1に、「不妊治療の延期」を推奨する声明文を出しました。

もちろん、大丈夫なのかな、という思いはずっとありました。

病院だって混むし、電車に乗るわけだし、感染のリスクを負いながらの治療は恐いといえば恐いです。

でも、それ以上に、体外へステップアップして、周期も遅れ、やっと採卵できて、今周期にやっと胚移植が決まったのに、それが、かかってもない病気で延期に、となれば、やっぱり、納得できません。

これが私の本心です。

採卵後のOHSSはかなり辛く、体外受精に踏み切っている方たちの大変さを実感しましたし、お金、時間、私も消費しています。

職場に理解があるからこそ、できたことですが、それでもやはり、気は使いますし、ストレスがありました。

1周期でも無駄にしたくない、この気持ちは、妊活をしている女性からすれば、当然の思いと思います。

1周期の大事さ、半端じゃないです。

だって1年で12回ですよ?

それを、先の見えない期限つきの延期なんて。。。

コロナウィルスが収束するまで?

妊婦にも使える薬ができるまで?

いやいや、いったい、いつですか?

通常のワクチンでさえ、年単位かかると言われているのに?

寄り添い

年齢、身体のコンディション、仕事、色々な家庭事情によるタイミング、あると思います。

もちろん、コロナウィルスをこれ以上、広めないためにも、いつも通りの生活ができるようにするためにも、自粛という選択肢が正しいのは分かっています。

でも、先が見えないのは不安でたまりません。。。

来週明けにクリニックですが、クリニックがどういった対応を取るのか、話があると思うので、先生方の意見を聞いて、自分でも判断したいと思います。

今のところ、私が通っているクリニックでは、不妊治療の延期を伝える文章は更新されていませんが、東京の有名な不妊治療クリニックは早々に、延期を、という文章がアップされていました。

大阪も東京と同じく、危険地域なので、そういった配慮は必ず出てくると思っています。 どうなるやら、、、です。

2020年4月3日-通っているクリニックからの治療延期に関するコメント

やはり、私が通っているクリニックも、学会の不妊治療の延期推奨に関するコメントを出しました。

特にメールが来たとかではなく、私が気にしてHPをチェックしていたので。

そこには、学会と厚生労働省から出ている、妊婦と胎児へのコロナウィルスへの影響と、それによる、不妊治療の延期を推奨する内容が引用されていて、それを踏まえた、院長先生の意見が書かれていました。

医院長先生も、学会の声明は間違っていないし、当然と思う、とのこと。

ただし、不妊治療が時間との闘いだ、ということも事実であり、患者の不安や辛い気持ちも分かってくださっていました。

読んでいて、治療を頑張る女性たちの気持ちを代弁してくれているかと思いました。

まさに、時間との闘いなので、治療の先も見えない上に、いつまでか予想もできない延期は、私たち当事者からすると、当たる先もなく、ただただ悔しくて辛いだけなんです。

このクリニックでは、患者からのエビデンスを元に、医療を提供する、という方針だそうです。

安心しました。

恐らく、学会からの声明文を説明した上で、同意書を書く必要が出てくるというわけです。

また、自然妊娠より妊娠率の高い、胚移植については、延期を含めた検討をお願いする、としていました。

胚移植

私は再来週、待望の胚移植を予定しています。

医院長先生に凍結胚の結果を聞いた前回の通院から、たったの二週間ほどしか経っていないのに、この状況。。。

これから先も、クリニックの方針が変更になることは考えられます。

治療は私たち患者の意見を優先して受けられますが、それによるリスクは私たちが負うもの。

来週明けに診察がありますが、そこで強く胚移植の延期を勧められれば、私も再度、考え直しますが、今のところ、延期はしたくない、というのが私の意見です。

私の場合、主人の転勤が夏にあるかも、という状況で、このクリニックを信頼している私は、夏までに、このクリニックで妊娠したい、という思いがありました。

まあ、その引越しも、コロナの影響で流れる可能性もありますが、これも可能性なので、やはり、夏までに、という思いがあります。

なので、余計に延期は困るのです。。。

全てがコロナに振り回されている状況です。

2020年4月7日-卵胞は順調に発育!自己注射をゴナピュールからHMGへ

周期と診察概要

■月経周期:D19

■子宮内膜:12.8mm

■左卵胞:-

■右卵胞:-

■診察項目:

・エコー検査(卵胞チェック)

・採血(E2、P4)

■次回予定:

・胚移植(3BB)

■会計:8,620円

先生とのお話(診察内容)

コロナの影響で学会から妊活延期の推奨の声明文が出て、クリニックでも院長からのコメントが4日前に出て、こんなときに…って悩んで落ち込んで、今日、クリニックからはいつも通りに受診の予約メールが来ていたので行ってきました。

もちろん、胚移植に向けた薬も飲んでたし、今ここで胚移植を延期するのは、正直、よろしくはない、やめといたほうがいい、それは分かってますし、理解してます。

ただ、本心は、延期したくないし、後悔するって思いがありました。

旦那にもそう話してて、まぁ旦那は言うてひと事みたいな感じだから、私の話をただほんと粛々と聞いてるだけなんですがね。

とりあえず、反対はせず、前向きに移植をしたら?という話になりました。

で、いざ、ドキドキの内診へ。

先生に強く延期を勧められたら考えるつもりでしたが、移植に向けて調整が進んでいるので、内膜もエストロゲンも良い値なので、予定通り胚移植することになってました!

むしろ、いつも通りの内診と診察の流れで、こっちがあれだけ悩んでたのが嘘みたいです。

安心しました、正直なところは。

もちろん、体調管理には気をつけてほしいという話は出ましたが、それだけで済み、特に延期を勧められることもなかったです。

ただ、次の胚移植は延期を勧められると思います。

早くこの先の見えない不安から解放されたいです…。

明日からは、プロギノーバに加えて、ルトラールで黄体ホルモンの調整に入ります!

2020年4月13日-初の胚移植(5BB)

今日は、初の胚移植をしてきました。

予定の3BBを融解し移植する予定でしたが、融解後、グレードが5BBになりました!

にょきって殻からちょっと出てきてて、頑張ってくれていました!

まぁだからと言って必ず妊娠するわけではないですが、可愛い我が卵ちゃんです!

お腹にまた戻ってきてくれて、ありがとう、という気持ちです!

今日から禁酒ですが、心穏やかに過ごしていきたいです。

移植前に、膀胱にたっぷりと尿を溜めとかないといけなかったんですが、早めに水分を一気に取りすぎて、お腹が緩くなり、移植前に出てしまいました…

その後、またペットボトル1本頑張って飲んで、なんとか移植できました。

内膜もいい感じに厚くなっていて、コンディション的にはよかったかなと。

移植後に個室に戻ると、看護師さんたちからの意気な計らいでお菓子とお茶の詰め合わせとメッセージが…

素晴らしい病院です!

今後は、膣内錠のルティナス、ルトラール、プロギノーバを服用し、高温期を保ちつつ、バイアスピリン錠でもしもの流産率を下げていきます。

あと、妊娠判定は約2週間後となりました。

■次回予定:

・妊娠判定の採血

■会計:126,920円

2020年4月24日-1回目の胚移植、ダメでした。今までで一番つらいです。

この日まで、ずっと、初期症状は何も無く、いつも通りの生活で、一人目の時の激しい腰の痛みやちょっとした気持ち悪さ(胸やけ感)もなく、頭では、今回は無理だったんだ、と分かっていました。

********************************

当日、クリニックで採血して待つ間、結果がダメなのを分かってるのに、待ってる自分が謎すぎて…辛かったです。

結果はhcg0.5以下で数字すら印字されずでした…。

分かってましたが、やっぱり辛くて、泣きそうになりました。

1人目不妊治療のときのあの感情がフラッシュバックしてます。

なんで出来ないんだ、どうして、なんで?

もう私には2人目は望めないのかな…。

コロナで移植も今後どうなるか分からない、先生からは内視鏡検査を勧められました。

当然ですが、原因を確認しておくにこしたことはないですよね。

でもこれすると、その周期は移植できないんですって。

それやって、じゃあ移植また伸ばしたときに、コロナでどうなってる⁇

それも分からない、、、。

もうどうしたらいいんですか。

もう嫌です。

何もかもが、、、。

********************************

2人目不妊は、FTでダメで、人工授精もダメで、卵管の完全閉鎖で体外へステップアップし、なかなか採卵周期に入れず。。。

採卵ではOHSSがかなり酷くて立てないまでに。

腹水がかなりやっかいで、採卵周期は私にとってはかなり苦痛で地獄でした。

採れた卵の数からしても凍結胚のグレードはことごとく成績中の下…。

数もそんなにだし。

やっとの思いで胚移植!

そこで生殖学会からの声明文。。。

なんとか移植した1番いいグレードの胚!

初期症状なんて一切なく撃沈、2人目妊活から9ヶ月目...。

期待はしてなかったものの、喪失感は大きく、心が折れました。

最終段階にきていて、出来なかった。

コロナも迫る。

子どもできないのではという不安。

押しつぶされそうです。/p>

私からしたら、単なる5BBではなく、立派な赤ちゃんでした。

お腹で育ててあげられなくて、ごめんね、という気持ちになり号泣してしまいました…。

今までで1番辛いですね…。

これが体外の辛さなんですね…。

2020年5月6日-子宮内視鏡検査で着床の妨げの原因になる子宮内膜炎発見!抗生物質で治る!

※5月のクリニックはこの一回きりなので、4月ページに記録しておきます。※

周期と診察概要

■月経周期:D8

■子宮内膜:6.7mm

■左卵胞:4,3mm

■右卵胞:6mm

■診察項目:

・子宮内視鏡検査

■次回予定:

・採血

・超音波検査(卵胞チェック)

■会計:3,190円

子宮内視鏡検査の結果!子宮内膜炎の発見!

前回、初めての胚移植が着床しなかったことで、着床の妨げになっている要因がないか、子宮内視鏡検査をするよう、勧められました。

その日は、着床していなかった、という現実を突きつけられて、さらに焦り、すぐ次の胚を移植したかったので、内視鏡検査をした場合、その周期は移植できないことに不安を感じて、受けることを即決できませんでした。

ただ、その後、よく考えて、妨げる要因があった場合、胚移植をしても、せっかくの胚が無駄になることは避けるべき、と考えて、今周期は捨てて、内視鏡検査を受けることにしました。

いかなる因子も取り除いてから、不安なく、胚移植をするほうがストレスが無いですし。

子宮内膜検査イメージ

内視鏡検査では、カメラを入れる前から映像が画面に映し出されてて、子宮に入っていくところも見えて、痛くないのに、客観的に痛そう…とか思ってしまいました。

でも、実際、子宮奥の卵管入口が見えるところまで入れられると、かなり痛くて、先生に痛いです、と報告。

これ以上は入れないから、少し我慢ね、と言われて我慢!

一瞬でしたが、左右どちらの卵管も、言われないとこれが入口?ってくらいに閉じ切ってました…。

子宮の中はまぁ綺麗な方で、ポリープもなく、子宮内膜炎がいくつかあり、それが着床を妨げる原因になることもある、と言われました。

炎症が強いところは、なんかこう、毛羽立ってる様に白いヒダが出ている感じで、これがポリープかと思いましたが、違ったようです。

炎症自体は、抗生物質を飲めば消えるらしく、1週間分の抗生剤を処方されました。

今周期はお休み

今周期は、内視鏡検査をしたので胚移植はできませんが、来月はやっぱりストップせずに移植したい、という意思をクリニックに伝えようとしていましたが、前回の引越しの話がちゃんと伝わっていたようで、すんなり、お願いすることなく、来月の胚移植の話をしてくれました。

次に生理がきたら、再度、念のために抗生物質を更に1週間のんで、かつ、次は自然のホルモンバランスで胚移植をしたい、とのこと。

ホルモン調整はせずに、自分の身体のホルモン変化で対応させてみる、ということですが、カバサールとルトラールは次回、先生にも必要だと思うことを伝えたいと思います! 特にルトラールはほしい…。

あと、ホルモン調整を薬でしないので、排卵日がわかったら、胚移植の日も必然的に決まるので日程調整はできず、通院は増えそうです…。

なるべく最低限の通院回数にしてもらいますが、また3日に1回は通うことになりそうです。

とりあえず、今周期はもらった抗生物質を飲んでリセット待ちだけです!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 子育てブログへ