ひなママの妊活

二人目不妊治療をしているが、でも!女の子が欲しい!中国式カレンダーと産み分け潤滑ゼリーを使ってみる!

赤ちゃん

二人目不妊治療の体験談-2019年9月~目次~

2019年9月9日-我が家の産み分けチャレンジ方法の2つ!

なぜ、女の子が欲しいのか~育った環境

女の子赤ちゃん

そもそも、私がなぜ産み分けまでして、女の子が欲しいと思っているのか。

私は、自分が妹と二人の姉妹で育ってきたので、自分も漠然と、娘二人が授かればいいなと思っていました。

というか、自分の従妹も全て女の子ばかりだったので、自分が男の子の母親になる想像が全くできませんでした。

しかし、一人目の子を授かったときに、父親から勧められて受けた、出生前診断にて、まだ15週目でしたが、4Dエコーをじっくり診るので、そこで男の子と判明したのです!

本来ならば、もっと大きく育ってから分かる性別ですが、私の場合は、たった3か月目で分かってしまいました。

勝手に、女の子の母親になることしか頭になかったので、しばらく納得できずにいたのが本音です。

周りに男の子がいなかったので、想像できなかったことと、女の子を希望していた分、少しショックでもありました。

なので、つけたかった名前も、女の子のものしか考えておらず、男の子の名前を考えるのは一苦労でした。

妊娠中も、ずっと「○○ちゃん」とお腹に向かって話しかけていましたし、今でも一歳の息子ですが、癖でちゃん付けで呼んでいます。

妊娠中は、自分がちゃんと男の子の親として、子どもを可愛がれるか、不安もありましたが、産まれてみると、男の子の可愛さにメロメロなのが現状です!

異性だからの可愛さがある、と言いますが、これは本当です!

男の子はママっ子になりやすいですが、これもうちの子には当てはまっていて、とにかく、ママ!何をするにもママ!という感じで、私は今、人生で一番のモテ期です!

常にひっついて一緒でないと嫌がるくらい、べったり状態で疲れるときもありますが、やはり、私をここまで必要としてくれる、そのアピールの強さにきゅんとしてしまいます。

息子を妊娠中は、二人目は絶対に女の子がいい!と考えていましたが、男の子の可愛さを知ってしまったので、今は、もし二人目も男の子だったとしても、そこまで気にしないな、と思う自分もいます。

なぜ、女の子が欲しいのか~自分の母親への大きな感謝

親子

しかし、自分が娘で、子どもができて、実家の母親に頼ったりしていると、自分の母親がいかに偉大だったかと、今までの感謝では足りなかった!と思うばかりです。

遠方に住んでいる母親に我が子を見せてあげたいがために、長期休暇前は、なるべく長めに帰省して一緒にいてあげたい、と思うようにもなりました。

やはり、母親も、自分の娘の子どもは一段と可愛く、とにかくぞっこんラブな状態です。

それに、やはり自分の子どもが傍に帰ってきてくれるのは嬉しいと言ってくれます。

私も、そう言ってもらえて嬉しいですし、もっとそうしてあげたいな、と思っています。

感謝している母親だからこそ、旅行をプレゼントして一緒に美味しい料理を食べたり、買い物をしたりと、そういった時間が、今の私には本当に大切で、かけがえのないものになっています。

もちろん、父親に対しても、厳しくて頑固で恐かった記憶しかない昭和な父親ですが、それでも今は、ふにゃふにゃな笑顔をしながら孫の世話を進んでやっている姿や、可愛がってくれているところを見ると、やっぱり感謝もしますし、両親を大事にしたい!という気持ちで大きくなりました。

親子2

何が言いたいかというと、こういった感情は、自分が女であって、人の娘だからだ、ということです。

男性の場合は、両親をここまで尊敬して大事にせねば!と考えを改める体験(出産・育児)が女性よりも乏しいと思います。

出産に立ち会っても、その壮絶な痛みを感じるわけでもないですし、昼夜睡眠不足の状態で産後の身体に鞭打って育児に奮闘することもあまりないでしょう。

娘だからこそ、自分の親元に帰りたい、帰ってなるべく大事にしたい、親孝行したい、老後の面倒を見てあげたい、と強く思うものなのではないでしょうか。

もちろん、そういった息子さんも世の中には沢山いらっしゃると思いますが、女性は尚のこと…という意味です。

そういったこともあって、やはり、二人目は女の子が欲しいな、と私は思っています。

大きくなった娘と、旅行や買い物もしたいですし、友達みたいな関係を築けたら、幸せだなと私は思うのです。

また、子育てが終わった老後に、娘の孫の面倒を見たいですし、見てあげたいのが本音です。

そこで、二人目については、不妊治療中の身ではあるのですが、産み分けにも自分たちでチャレンジしてみようと思います!!

(私が通っている不妊治療のクリニックでは、産み分け診察は行っていないので。)

産み分け方法_その①【中国式産み分けカレンダー】

カレンダー

こちらの方法は、旦那の親戚が試して成功したというので、取り入れてみようと思いました。

調べてみると、医学的な根拠は無くとも、統計ですから、結構当たっている方がいらっしゃるようです。

私の場合は、2019年9月、10月、11月の周期でチャレンジできる予定です!

産み分け方法_その②【産み分けゼリー】

産み分けゼリー

産み分けゼリーについては、最初は、安全かな?と結構不安要素は沢山ありましたが、色々調べまくった結果、日本製で成分表記もしっかりしていますし、なにより、IOS9001認定工場での生産なので、試してみようと決めました。

私が購入したのは、こちらの2箱(4.5ml×7本/箱)です。

1周期に2回タイミングを取るとして、2箱で7周期分ですね。

(今回の、FT手術の効果の目安が半年なので、これを使い切るまでには妊娠したいです。 )

他にも、有名どころがありますが、決め手は、潤滑ゼリーの内容量の多さと、PH値の幅の広さです。

この産み分け方法は、できる限り、毎周期で試していきたいのですが、焦る気持ちが勝ってしまったら、使うのをやめてしまうかもしれません...。妊活あるあるですね。

とりあえず、3周期はチャレンジしたいと思います!!

2019年9月27日-卵胞チェック、初の排卵誘発剤

周期と診察概要

■月経周期:D14

■子宮内膜:11.5mm

■左卵胞:9mm,6mm

■右卵胞:16mm,12mm

■診察項目:

・エコー検査

・排卵誘発剤(注射)

■次回予定:

・排卵チェック(排卵済みかどうか)

・ルトラールの処方

■会計:2,310円

先生とのお話(診察内容)と初の排卵誘発剤注射

前回の診察から1か月も空いてしまいました。

今回は、排卵前の卵胞チェックということで、エコーで診たところ、右側で成熟した卵が育っているようで、大きさもいい感じとのことでした。

また、7月から3か月連続で右側からの排卵です。(何か原因があるのか…。)

前回、今周期は排卵誘発剤を試してみましょう、というお話だったので、打てるかどうか確認すると、また「ひなママさんは、双子ちゃんは大丈夫?」と聞かれました…。

毎回、担当の先生が異なるのですが、前回の先生曰く、排卵誘発剤の使用目的は飽くまで良質な卵子を作り出すことのサポートであって、多胎を目的にしておらず、また、その可能性は極めて低い、と聞いたのですが、、、と返すと、今回の卵胞の大きさからして、右側卵胞の16mmとその他の卵胞の大きさに、きちんと差が出ているので、今回誘発剤を打っても、2個以上の排卵にはならないでしょう、との判断で、打つことになりました。

私としては、そういうきちんとした見立てをしてくれるのであれば、最初からそう言ってほしかったです…。

先生の診察後、別室にて、看護師さんに排卵誘発剤hmg注テイゾー150を注射してもらいました。

副作用については以前に書面でもらっていたのですが、特にお腹が張ったり、熱っぽくなることもありませんでした。

2019年9月27日-女の子産み分け開始!初のピンクゼリー使用!その感覚は!?

産み分け0927-1

今周期から、女の子の産み分けチャレンジを始めます!

初のピンクゼリーを使ってみましたので、その使用感等をお伝えします。

タイミングは排卵日の2日前と3日前の2日間!

女の子を望む場合、排卵日の2~3日前がベスト、ということで、2日前と3日前でタイミングを取ることにしています。

淡白な仲良しを目指す!

また、女性側は淡白な仲良しの方が良いとのことなので、旦那には悪いですが、手短に、とお願いしましたw

ピンクゼリーの使用タイミング!

淡白な仲良しを目指しているので、私たちは仲良しの最初から入れてしまって、ものの5分程度で終わらすことにしました。

実際の使用感は!?

使ってみた感覚としては、入れる際は、タンポンと同じ感じで、違和感はありますが、もちろん細いので痛くはないです。

また、注入しても、ゼリーの感覚は一切ないです。

旦那も分からないとのことでした。

なので、何かずっと違和感があって嫌な感じとかも一切無いので、ストレスフリーです!

ただし、仲良しの後、立ち上がると、少々水っぽいものがさらさらと流れ出るので、そのまま横になっていたほうが良いと思います。

それか、ナプキンを使用した方が無難かもしれません。

さて、今周期の結果はどうでしょうか...。女の子の産み分けは妊娠しにくいので、期待薄です...。

2019年9月28日-排卵誘発剤hmg注テイゾー150の副作用?

9月27日に打った排卵誘発剤ですが、打ったその日は特に変化は感じられなかったのですが、翌日になると、下腹部が出てきて、便秘のような張った感じがありました。

それが2日ほど続いているので、恐らく、卵巣が腫れているためと思われます...。

次回、クリニックに行ったときに、卵巣が腫れているか、確認してみたいと思います!

2019年9月-排卵日(排卵検査薬)

2019年9月周期の排卵検査薬

今周期は、9月29日が排卵日のようでした。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 子育てブログへ