ひなママの妊活

不妊治療でお悩みの!妊娠初期の方!大阪市での私の不妊治療FT(卵管鏡下卵管形成術)、体外受精・顕微授精、二段階胚移植及び、妊娠初期の絨毛膜下血腫から妊娠後期での前期破水、帝王切開、極低出生体重児のNICUでの入院生活を現在進行形でお教えします!

赤ちゃん

一人目の妊活の際、不妊治療専門外来で確認したところ、左右卵管が癒着しており、ほぼ自然妊娠は難しい状態でした。

そこで、FT(卵管鏡下卵管形成術)を受け、卵管を拡大したところ、幸運にも2017年に第一子を妊娠することができました。

一人目のときの不妊治療外来(大阪市)での不妊治療(子宮卵管影形検査、FT(卵管鏡下卵管形成術))体験談について詳しくお教えします!

また、現在、二人目不妊治療中で、二度目のFT手術を受けるも、左右の卵管は完全に閉鎖しており、自然妊娠は望めません。

人工授精も早々に切り上げ、体外受精に挑戦!3度目の二段階胚移植で待望の第二子を授かることができました!

しかし、妊娠発覚からすぐに絨毛膜下血腫による大量出血で緊急入院します。

その後も妊娠中期まで大量出血を繰り返し、後期に入ってすぐ前期破水。。。

緊急搬送され、MFICUで24時間の張り止めを点滴しながら、人工羊水補充などの治療を続け、29wでおしるしがきて、緊急帝王切開しました。

28wの壁を越えましたが、1,000g弱の極低出生体重児で、すぐにNICUでお世話になることに。

NICUでの治療・入院生活もまとめて、現在進行形で記録していきます。

詳細な治療の体験談、二人目不妊治療の現在状況については、下記の目次よりお進みください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 子育てブログへ